楽我喜帖

らくがきちょう

フランス生活でのあんなことやこんなこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月しごと ~梅干し編~

梅干しは6月末に漬け始めましたが、一か月は期間を要するので、なかなかの長期戦でした。
今年は初めて自分で漬けてみました。
作り方は、母が新婚当時、近所で行われていた料理教室で教わってきたもの。
うちの梅干しといえばこの味が定番で、一番おいしいと思っています。

材料:梅、塩、焼酎

まずは、3Lサイズの梅を3㎏購入。↓
ちなみに、昔(私の小さいころ)は毎年10kg買っていたそうです。食べきれなくても何年も持ちますからね。

クリックで拡大します
梅干し


次に一晩水につけてきれいに洗い、ヘタを取り除きます。↓

クリックで拡大します
梅干し


水分を拭き取った梅に塩をまぶし、焼酎もまぶしします。↓

クリックで拡大します
梅干し


こんな感じで本当においしくなるのか。↓
なるんです!
数日したら水が上がってきます。

クリックで拡大します
梅干し


ついでに、実家でとれた梅1.5kgも別個で漬けてみることにしました。
さすがに色が悪いですね。↓

クリックで拡大します
梅干し


畑に山盛り生えてる赤紫蘇。↓
勝手に生えてきます。なのでタダ。

クリックで拡大します
梅干し


塩もみしてアクを出した赤紫蘇を上からかぶせます。↓

クリックで拡大します
梅干し


梅雨が明けたら、3日天日干しにします。↓

クリックで拡大します
梅干し


保存瓶に梅を戻して、また上から赤紫蘇でフタをするようにかぶせます。↓
赤紫蘇は、後からどんどん足していってもOK。
もちろん塩もみしてアクを出してからですが。

クリックで拡大します
梅干し


塩と焼酎だけで漬ける梅干し。
お酒っぽさはまったくありません。
甘味と酸味が絶妙で、食欲のわくおいしさです。
5kgくらい漬ければよかったかな。
一人で5kg、食べられそう。
スポンサーサイト

6月しごと2017 ~らっきょう編~

こんにちは。一年ぶりの更新です。

6月はいろいろやるべきしごとが多くてなんだかバタバタします。
さっそく今年も漬けました、らっきょう。
去年は2kgでちょっと足りないくらいだったので、今年は3kgの土付きらっきょうを準備。
そして、せっせとせっせと仕込みましたよ。

2Lのセラーメイト1瓶にらっきょう1kgです。
1瓶は市販のらっきょう酢で。
残り2瓶は塩漬けにして、時々ゆすりながらガス抜きをしつつ2週間。
そこから塩抜き作業が丸一日かかりました。
塩抜きが終わったらやっと甘酢漬け作業に入ります。

塩漬けは手間がかかりますが、長持ちするので、一年たってもパリパリシャキシャキが楽しめます。
わかりにくいですが、両端が塩漬け→甘酢漬けのらっきょう↓

クリックで拡大します
らっきょう




ラベリングをして完成です。

クリックで拡大します
らっきょう


今年のらっきょうは大粒です。

クリックで拡大します
らっきょう



すきま時間を見つけて、小さな6月しごと。
自宅でとれたブルーベリーでジャムづくりを。
ジャムはめったに食べないのですが、こういった少量食べきりサイズは消費しやすくていいですね。
とろっと甘酸っぱいブルーベリージャム、最高です。


クリックで拡大します
ブルーベリージャム



あとは、新生姜の甘酢漬けと梅干しのおしごとも待ってます。
今年は紅生姜と梅酒と梅シロップはお休みするつもりです。


嘘と言霊と罪悪感

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

6月しごと

もう7月も終わりかけですね。
6月のうちにアップしておきたかった記事が今になってしまいました。

6月といえば、あることでちょっと忙しい。
そんなかたも多いのでは?

梅、らっきょう、新生姜、続々と出てきますので、これらのしごとが次から次へと待っています。
昨年は、梅シロップを大量にこしらえ、夏の間にすべて飲み切ってしまったため、冷凍しておいた梅で秋にももう一度シロップを作ったほど。
でも今年は梅はお休みして、らっきょうと新生姜と紅生姜に挑戦してみました。
それも大量に。

まずは、保存容器が必要です。
手持ちのセラーメイトとWECKがいくつかありましたが、全然足りない。
大量に作りたかったので、セラーメイト3Lを1つ、セラーメイト2Lを4つ、セラーメイト1Lを1つ、セラーメイト0.5Lを2つ、WECKの保存瓶を6~7つ追加で購入。
これだけでもけっこうな出費でした。

まず、土付きのらっきょうを2kg購入して、下準備から。
これがなかなか根気のいる作業でして・・・
洗って下処理を終えるのに3時間近くかかりました。

左のらっきょうは市販のらっきょう酢で漬けたもの。
右のらっきょうは塩漬けにしたもの。後日塩抜きをして手作りの甘酢で漬けなおしました。
塩漬け中、ガスの発生がすさまじかったです( ´∀` )

クリックで拡大します
らっきょう



新生姜の甘酢漬けは、大大大好物なのに、いつも市販のものを買っていました。
今年初挑戦です。新生姜何kg買ったことやら。
漬けてしばらくするとかわいいピンク色に染まっていくんですよね。
新生姜の甘酢漬けも、手作りの甘酢と市販のらっきょう酢で分けて作ったので、後日食べ比べてみることに。
セラーメイト1Lが2つ、WECK4~5個を新生姜に充てましたが、なんとすでにセラーメイト1LとWECK2つ分は完食してしまいました。
まだ新生姜は売っているので、早いうちに追加で作ろうと思います。

クリックで拡大します
新生姜の甘酢漬け


クリックで拡大します
新生姜の甘酢漬け


クリックで拡大します
新生姜の甘酢漬け


紅生姜は、やや工程が面倒。
乾燥させる手間がかかります。
しかも梅雨時期で晴れ間も少ない。
なんとかセラーメイトとWECK3つ分くらいを大量に作りました。
写真ではスライスした紅生姜だけ写ってますが、あらかじめ細切りにした便利な紅生姜も拵えました。

クリックで拡大します
紅生姜



こうやって6月しごとにはまるのはいいのですが、冷蔵庫がこれらで占領されています・・・

柑橘類にドはまり ダメ押し編

もう6月も終わろうとしています。早いですね。
前回まで、貪った柑橘類の記事をしつこくアップしていましたが、本来なら4月上旬にアップしている予定だった記事を、今日は遅ればせながら載せてしまおうと思います。
これで、とりあえず柑橘類の記事は最後です。覚書程度に。


はるみちゃんは、見た目がものすごく酸っぱそうな感じがするんですが、
食べてみるとびっくりするほど甘い。
はちみつが入ってる? と思うほど濃厚な甘さでした。
見た目はレモンなのになぁ~。


クリックで拡大します
はるみ



そして、またご近所さんからいただいた夏みかん。
商品として売られているものよりは酸っぱいけれど、自宅にみかんの木があるっていいですよね。
冷蔵庫に入れておいたので、長い間保存可能でした。

クリックで拡大します
夏みかん



我が家は柑橘類は柚子の木しかないため、今年ポンカンの苗木を植えました。
ちゃんと実をつけるのか不安ですが、大切に育てたいと思います。





 | HOME |  »

プロフィール

イモタス

Author:イモタス
かつてフランスの地方都市で暮らしていました

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ランキング

にほんブログ村のランキングに参加しています。 ポチっとしていただけるとイモタスが喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ

ぬこぬこと遊ぼう【音量注意】

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。